メニュー

クリニックblog

最新の人工知能、大規模言語モデル(LLM)は人の心に近づきつつあります (2024.05.25更新)
  他者の精神状態を追跡する能力(心の理論)を検討する課題において、人間と同程度かより優れた性能を示すことを明らかにした研究論文が、2024年6月最新号のNature Human Beha… ▼続きを読む

5-MeO-DMT(蛙の毒に含まれ強烈な幻覚体験に関連)の薬への応用 (2024.05.19更新)
  幻覚性物質には、うつ病や不安症などの疾患を治療できる可能性があることが、最近の科学研究で示されています。 これらの物質は、セロトニン受容体との相互作用を介して作用すると考えられていま… ▼続きを読む

AIで脳の画像を分析しギャンブル依存かどうか分かる診療プログラム (2024.05.14更新)
  元ドジャース大谷選手の通訳であった水原さんも同様、ギャンブル依存症の人は自分が依存しているという認識が乏しく、益々はまっていく傾向にあることから、客観的な診断を目指し人工知能で脳内の報… ▼続きを読む

ApoE4遺伝子を2つ持っている人は高確率にアルツハイマー病を発症し早い年齢で症状が出ます (2024.05.08更新)
  世界の2大科学専門誌の一つ「ネイチャー・メディシン」誌の5月最新号で、アルツハイマーの研究・診断・治療方法が変わる可能性がある、大きな研究結果が発表されました。APOE4を2つ持つ人は… ▼続きを読む

糖尿病(ダイアベティス;Diabetes)とパーキンソン病の深い関係 (2024.04.08更新)
  糖尿病(ダイアベティス)は以前よりパーキンソン病(PD)のリスクを増加することが知られています.   またPDモデルマウスにおいて糖尿病治療薬でダイエットの治療薬剤として科学的に認められたウ… ▼続きを読む

最新の認知症の、原因研究です (2024.03.01更新)
Journal of American Medical Association;アメリカ医学会雑誌2024年2月の最新号の記事から抜粋   1位 起立性低血圧! 2位 鬱病 3位 アル中… ▼続きを読む

治る認知症、せん妄 を引き起こす処方薬 とそのベストな対処法 (2024.02.05更新)
  せん妄は意識障害の一種で、高齢者に多く見られる状態です。症状は見当織障害(時間や場所があやふやになる)や記憶障害、幻覚、妄想などさまざまな形で現れます。せん妄は一時的なもので正確に対応… ▼続きを読む

精神科、心療内科とスマートフォン依存症の治療 (2024.01.31更新)
以下の視点から、心理療法を行って参ります。 2010年代より、スマホのアプリケーションにはドパミンを過剰に脳内で放出させるAIのアルゴリズムが多数導入されてきました。特に2023年の大規模言語型モデ… ▼続きを読む

ソーシアルネットワークへの依存に対する診療と心療内科、精神科、心理療法 (2023.12.31更新)
  デジタル空間では、怒りや恐怖を感じる情報を好むといった脳の生物学的な特性が利用されています。大脳生理学と行動心理学の多くの理論から裏付けされていて、プラットフォーマー各社が2010年代… ▼続きを読む

精神科と心療内科、神経内科、メンタルクリニック、神経科との違いは何? (2023.11.01更新)
  精神科:精神疾患を専門とする診療科で、心の症状(不安、抑うつ、不眠、焦燥イライラ、幻視、幻聴、妄想など)を扱います。異常嗜癖、不安障害、認知機能障害、失見当識、うつ病、恐怖症… ▼続きを読む

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME